SM陵辱動画サイトベスト5!マニアも唸るサイトを厳選!

SM動画の有料サイト比較ランキング!安心して利用できるSM陵辱系サイトの情報をお届けしています。

*

アダルトサイトの豆知識

アダルトサイトの疑問を解決!

アダルト動画サイトを見ていると時々、
よく意味のわからない専門用語が出てきたり疑問を感じることってありませんか?
また有料アダルトサイトを利用することに不安を感じる方も少なくないと思います。

アダルトサイトに入会したいけど、なんだか心配でちょっと不安という人は
気になる項目を確認して不安を取り除いておきましょう!

みなさんのお役に立てたら幸いです。

アダルトサイトの疑問を解決しよう

■日本国内で無修正動画を見て大丈夫なのか?

日本国内のアダルト動画には、すべてモザイク処理が施されています。
これは日本国内では無修正画像や無修正動画公開、販売などが国内の
法律によって禁止されているためです。
ではなぜインターネット上に無修正アダルト動画サイトが存在しているのか?
それは無修正アダルト動画の配信が禁止されていない、日本以外の海外の
サーバー上に動画データーを置いて、現地法人によって配信と運営が行われているため、
運営されているその国では合法的なサイトとなります。
日本は海外のインターネットの閲覧に対しては検閲がかけられていないので、
それらの視聴が可能という状況になっています。
日本の法律ではそれらを見る行為を取り締まる法律がありません。
なので個人で楽しむことを目的とした場合、海外の動画配信サーバーから無修正の
アダルト動画をダウンロードして楽しむことは現在、法律違反とはなっていません。
個人がダウンロードした動画は、国内海外に関係なく、インターネット上で配信したり、
記録媒体(DVD)にして販売するような行為は法律で禁止されています。

■有料アダルト動画サイトへ入会時に必要なものは?

基本的にメールアドレスとクレジットカードがあれば入会は可能です。
入会時にはクレジットカード決済処理のため個人情報の入力が必要となります。
クレジットカードが無い場合、VISAデビット・Vプリカ・銀行振込などでの決済が可能なサイトもあります。この場合はその手順に従い入会処理を進めます。

■ドル決済のクレジットカード払いとは?

海外にサーバーを置いて無修正アダルト動画を配信しているサイトの場合は、
決済手段も海外システムを利用することが多くUSドル決済になることがほとんどです。
ドル建ての決済ですが、その他の買い物と同じく為替レートで円に換算して
引き落とされるだけなので特に何もすることはありません。
最近はカリビアンコムなど、円決済に対応する無修正サイトも増えてきています。
USドル決済に抵抗のある方は、円決済の対応サイトを選ぶのもよいかもしれません。

■ドル決済と円決済ならどちらがよい?

以前はクレジットカードで決済をする場合、ドル決済のみでしたが、
最近は円決済が出来るところが増えてきています。
ではドル決済と円決済では実際どちらがお得なのでしょうか…?
円決済の場合は入会手続きをした時に価格が確定するので安心感があります。
ドル決済の場合は入会手続きをするときの為替レートと、使用したクレジットカードの
為替手数料が影響します。円高の時にはお得になる可能性があります。

例えばカリビアンコムのような 1ドル=100円の固定設定をしている場合
・円高の場合(為替が1ドル100円より低い時→1ドル99円など)=ドル決済がお得です!
・円安の場合(為替が1ドル100円より高い時→1ドル101円など)=円決済がお得です!

為替レートだけ考えれば上記の基準を考えれば良いだけですが、
クレジットカードの場合は為替手数料が発生するので上記はあくまでも判断目安として下さい。
尚、為替手数料は利用するクレジットカードのHPなどで確認が出来ます。

■クレジットカードの明細書にサイト名は入るのか?

基本的にカード決済を行った会社名が記載されます。
購入したアダルトサイトの名前は記載されないのでご安心下さい。

■クレジットカードの安全性は大丈夫?

無修正有料アダルト動画サイトでは、決済画面で米国ベリサイン社の
暗号技術(デジタルID)を導入していることを確認して下さい。
米国ベリサイン社のSSLサーバ証明書を導入した決済処理の内容は、
世界標準である128bit SSL (Secure Sockets Layer) により暗号化され安全に送信されます。
決済処理を行う場合、ブラウザーのURL欄で、URLが https から始まっていることを必ず確認してください。

■月額会員と単品購入ではどちらがよい?

すでに好きなアダルト女優さんがいて、その女優の作品だけを見れば満足という人は、
PPVで目的の女優作品だけ見られればよいので、その場合は単品購入がオススメです。
「あんまりお金をかけずに沢山アダルト動画が見たい」といった人には、料金を気にせずに色々な作品を楽しめる月額会員になるのがオススメです。
次に月額購入と単品購入ではどちらがお得なのか…?
PPVはそのサイトの全動画を対象に購入の選択肢が広がります。
ただし1つの作品にかかる料金は若干割高になってしまいます。
月額購入は1作品で換算するとお得なことは間違いありません。また月額会員限定のサービス動画が用意されているサイトもあるので、月額購入の方が固定料金でたくさん動画を楽しめるといった点では断然お得だと思います。

■月額会員と定額会員の違いについて

月額会員も定額会員も会員として契約している期間中は
購入したサイト(チャンネル)の動画が見放題になるサービスです。

あらかじめ設定された固定料金以外の支払いはありません。
安心してたくさんアダルト動画を見たい方にはどちらもオススメのサービスです。
但し、よく混同してしまいがちなのが月額と定額の違いです。

<月額会員>
カレンダーの末尾まで有効で、決済の区切りが末日に設定されている場合が
月額制になります。
<定額会員>
有効期間が一定期間(30日、60日、90日など)に設定されているのが
定額制になります。

国内決済サービスを利用しているサイトは月額制を適用しているところがほとんどです。
一方、海外決済サービスを利用している場合は定額制を月額と謳っている場合がほとんどです。

月額制はカレンダーの末日までに退会すればそれ以上の金額はかかりません。
定額制の場合は決められた日数を超えると自動継続となるので注意が必要です。

月額の場合は入会した日にちを考慮せず一律で月末に〆日が発生します。
※例えば1月20日に入会したら11日後には決済日となってしまいます。
定額の場合は入会から一定期間を必ず保障してくれます。
上記のことから定額制はかなり良心的な運営システムになっています。

■ダウンロード制限って何?

アダルト動画サイトの月額会員になった場合、ダウンロード制限を設けられている場合があります。
これは 1日に許される動画ダウンロード量のことを指しています。
例:1日3GBまでの制限が設けられている動画サイト場合、動画1本の容量が1GBだったときは、1日に3本の動画だけダウンロードの可能となります。

アダルト用語集

有料アダルト動画サイトでよく使用されている用語まとめたので参考にして下さい。

■D2Pass(ディーツーパス)

D2Pass(ディーツーパス)とはDTIグループによるサービスです。

D2Passの加盟サイトに初めて入会する際にD2Pass IDというアカウントが発行されます。その後、複数のD2Pass加盟サイトに入会する場合も同じアカウントで登録ができます。ログインする場合も共通のIDで済ませられるので面倒な手続きを省くことができます。アダルトサイトを簡単に入会し利用できるサービスになっています。

D2Passはポイントが貯まったり割引クーポンがもらえたりといったお得な面もあります。
入会時やサイトのレビューを投稿した時などにポイントが貯まっていきます。そのポイントを使って加盟サイトの別のサービスを利用したり、単品購入(PPV)の際に割引を受けられたりできます。

■DRM

DRMとは、【Digital Rights Management】 (デジタル著作権管理)の略称になります。
デジタルデータとして表現されたコンテンツの著作権を保護して
その利用や複製を制御・制限する技術のことをDRMと呼んでいます。

この動画コンテンツの複製を禁止するDRM制限を導入している
大手メーカー系のアダルトサイトも結構あります。
代表的なところとしてはDMM.comやDUGAなどが採用しています。

月額会員以外の単品販売動画はこのDRMが施されていることがほとんどです。
例えばDMMの動画なら、DMMプレイヤーでしか再生が出来ません。
編集やコピーなども一切出来ません。

以前はこのDRMを解除するソフトなども存在していましたが、
現在はDRM制限を解除することは不可能と思ってもらってよいと思います。

単品販売のアダルト動画の場合、DRM制限がされていてもさほど問題はありません。
感じる不満は自分好みの動画プレイヤーで再生できないことぐらいかなと思います。

ユーザーとしてやはり一番の問題は月額アダルトサイトのDRM制限です。
月額会員の場合でもこのDRMを採用しているところがあります。

代表的なところではDMM.R18や DUGA の月額会員は、
DRM 制限がかかっています。

有料アダルトサイトに入会してDRM制限付きの動画をダウンロードした場合、
サイトを退会するまでは見ることができるのですが、
退会後は認証が通らなくなり見ることが出来なくなります。

アダルト動画コレクターとしては、DRM制限付きの動画を集めても
まったく意味がありません。入会する前に必ずチェックしてみてください。

サイトに入会した後でDRMを採用してると有料サイトだと気付いた場合、
エー!マジかよ! がーんΣ(T□T)
となってしまい、悔やんでも悔やみきれません!

では、ここで再度、DRMについておさらいをしておきます。
アダルト動画にこのDRM制限がかかっている場合は、以下のような制限があげられます。

・ダウンロードしてから決められた一定期間を過ぎると動画が視聴不可になる。
・ダウンロードしたPC以外にコピーすると動画が視聴不可になる。
・サイトの会員を退会するとダウンロードしていた動画が視聴不可になる。
・アダルト動画を見るときにIDとパスワードの入力を求められる
・アダルト動画のコピーができない
・MAC の場合DRMに対応していない場合があり、動画が見られない場合がある

基本的に日本国内の有料アダルト動画サイトは、
DRM制限をかけていると思ってもらって間違いないです。

海外にサーバーがある有料アダルト動画サイトのほとんどは、
動画にDRM制限はかけておらず、DRMフリーとなっています。

動画コレクターとしてはDRMはフリーの方が断然嬉しいですよね!

入会を検討しているサイトの動画にDRM制限がかかっているか否かは、
必ず事前にチェックしておきましょう。

■C2コイン(電子マネー)

「C2コイン」は海外の電子マネーになります。
WEB上でクレジットカードを使って「$1=100coin」として購入し、
「C2コイン」に加盟しているアダルトサイトでのみ利用することが可能です。

■CLIPS-US(電子マネー)

「CLIPS-US」は海外の電子マネーになります。
日本国内では取り扱っていないため、日本からは直接購入することが出来ません。
利用するためには、国内で購入可能な電子マネー「セキュリティーマネー・ゴールド」を
一旦購入してから、サイト上で「CLIPS-US」に交換するなど、所定の手続きを済ませ
利用できるようになります。
「セキュリティーマネー・ゴールド」はインターネットや一部コンビニで購入可能です。

■PPV

PPV(ペイ・パー・ビュー)は見たい作品を単品で購入し、購入した作品だけ
料金を支払う決済システムです。
月額会員よりは割高なイメージですが、見たい作品が限られている場合は
このPPVで購入するのもよい方法です。
国内・国外問わず、最初に見たい動画があるサイトの無料会員に登録し、
自分専用のID/PASSを発行してもらい、以降はそのID/PASSを利用して
動画作品を購入する方式がほとんどです。
尚、注意点は、目的の作品が月額作品のラインナップに含まれているかどうかです。
もしラインナップに含まれている場合は+αで月額会員になるのも選択肢の一つです。
購入した後に月額ラインナップに入っていることを知ると、あとで後悔することになります。
※PPVを導入しているサイトは、国内ではDMM<・DUGA、海外ではカリビアンコムプレミアムなどがあります。

■ストリーミング

ストリーミングはダウンロード方式の一種になります。
普通、容量の大きい動画ファイルは、ダウンロードが完了した後に動画再生を行います。
ファイル容量が大きいと、ユーザーはダウンロードが完了するまでかなり待たされることになりますが、ストリーミングは動画ファイルをダウンロードすると同時に動画視聴を可能になりますので、ユーザーの待ち時間を大幅に短縮していることが出来ます。 YouTubeやニコニコ動画などがこの動画共有サービスを導入しています。

■マルチデバイス

PC・タブレット・スマートフォンなどの複数端末からの視聴に対応している事をマルチデバイスと言います。
アダルトサイトの場合、入会すればお手持ちのアカウントでPCから視聴できるのはもちろんですが、iPhoneやAndoroidなどからも同一のアカウントでログインして動画を閲覧することが可能になります。

■VIP会員・VIP動画

VIP会員とは各サイトによって長期会員ユーザーに対して色々な特典を設けており、それがVIP会員制度と呼ばれる仕組みになっています。各アダルトサイトによって違いはありますが、「継続して3ヶ月間以上利用しているユーザー」など、一定期間継続して会員であることでVIP会員とするサイトが多いです。サイトによっては6ヶ月間、12ヶ月間などのケースもあります。
<VIP会員優遇事例 >

・長期会員専用動画(※VIP動画、プラチナ動画など)の閲覧が可能
・ダウンロード容量制限などの緩和

アダルトサイトは初回入会の際、長期間のプランを選択することで、上記のメリットが得られたり、料金を安くおさえる事が出来るので、入会前にはどの程度サイトを利用するかよく検討してから入会プランを選択してください。